The Sidhe & Subtle World

これは、『地球(ガイア)の新しい物語を作ろう』という、壮大な流れの一部です。物質として見える世界だけではなく、見えない部分も含めた、より大きな全体としての地球が、今、ひとつになろうとしています。


量子力学をはじめ、生物学、心理学、哲学、宗教学といった既存の学問領域を超えて、地球を新しい概念で知っていこうとしている人々の動きには、今、たくさんのシンクロニシティが起こっています。この変化に、"ふつう"の私たちも積極的に携わることができます。それには身の回りのささやかな物事こそが《扉》になっている…というお話です。

古代ヨーロッパのケルトの伝説に「Sidhe People(シーの人々)」が登場します。古代ゲール語で「平和の人々」を意味し、妖精やエルフ、マーメイドのような存在だともいわれます。

さて2011年のアメリカで、シーを名乗る目には見えない存在からの依頼を受け、一組のオラクルカード「Card Deck of the Sidhe」が出版されました。解説にはシーたちからのメッセージが添えられています。

私たちはかつてシーと呼ばれていた、人類のいとこのような存在です。共通の祖先が、はるか昔のある時点で異なる姿形を選んだ結果、私たちは今も地球上の異なる層に生きています。


人とシーは時々交流を持ちながらも、長い時間をかけて、それぞれが独自の進化を遂げてきました。

ガイア(地球の意識体)が変化の時を迎えています。いとこ同士の人類とシーは、協力し合うことでこのガイアの進化に寄り添い、助け、ともに更なる変容を起こすことができます。今、シーと人類の繋がりを再び結ぶために、私たちはこうして働きかけています。

これは遠い国の昔話とはいいきれず、日本の神話にも共通点が見られます。また薄羽の妖精や精霊の寓話ではなく、わたしたちの普通の日常に目には見えない存在が働きかけるという話です。 私個人の実体験と未翻訳の書籍の情報を交え、またシーたちの領域(微細で見えない世界・Subtle World)との交流を促すささやかなワークをご紹介します。


それを知って、どうなるの?

意識的にしろ無意識にしろサトルワールドとご縁の深い方は、ご自身の中のどう扱うべきかわからなかった感覚を、愛おしく感じる発見があるかもしれません💕 安らぎ、仲間意識などに出会うかもしれません。「だよね!」と思ったり、日常が少し違って見えるかもしれません。

半信半疑で帰られる方もあるかもしれません。それでも、きっとお話会の場にシーたちが運んでくる懐かしい雰囲気に和んでいただけるだろうと思います。

受けとり方、応用の仕方は無限大。どうぞお好きなように…💓

The Sidhe