自分の外の大きな世界に、感性を広げていく

日常の延長上に広がる「外の世界」で起こりつつある波をキャッチしましょう💫

 

「小さな自分の日常世界」か「外の大きな世界」かの、どちらかを選ぶ必要はありません。同時に両方の質をもって、一段階おおきな世界に呼吸を合わせていきましょう(^^♪ 

どうやって?

「ちいさな私」の世界の外側には、人びとの社会があり、その先に自然の世界が広がっています。そのさらに奥には、地球(ガイア)の大地の世界があって、さらにその奥には…まだまだたくさんの「仲間たち」がいる世界が、今この瞬間にそこにあります。

  まずは、それを知ること。
  そして、身近なところから、関心をもって観察すること。

感覚を無理に一気に広げるのはリスクがありますが、体の感覚を活かして気づきを深め、「空気を読む」ように感性を広げ深めていきましょう。地に足をしっかりつけ「私がここにいる」という感覚を保ちながら、身体と知性、感情、そして外の世界をごく自然に、確実につなげていくことは、可能なことです💕


どんなメリットがあるの?

広い世界にカラダに馴染むにつれ、日常生活のシーンのそこかしこに「あぁ、一人で生きてるんじゃないんだ☆」って腑に落ちて、安心感が広がります💕

そして「自分の力を正しく使おう⭐️」という意識が、ごくごく自然に目覚めます。すると、この自覚とともに、実際に使える「力」が少しずつ育っていきます。どこにも力みがない自然な仕組みです。


  ただより全体的な人間であろうとすること。

日常の延長線上の感性を豊かにしていく場合、一般的に、天使や精霊を肉眼で見たり、未来を予見したり、花としゃべるような「サイキック能力」とは無関係です。

*ほしのしずく*

「今」は、過去だけでなく未来からも周囲からも影響を受けて存在する。そう気づくと新たなアプローチが無限に現れる。未来を作るのは自分 ✴︎ Gaia Life Art Space✴︎

0コメント

  • 1000 / 1000